アテネ・フランセ文化センター ホットニュース

コンテンツの配信
アテネ・フランセ文化センターのウェブサイトです
最終更新: 5年 9週前

ロシア・ソヴィエト映画 連続上映 ロシア・ソヴィエト映画 連続上映/第10回 グルジア特集1

金, 07/11/2014 - 14:30
第10回目の節目の開催となる今回は、イオセリアーニやパラジャーノフ、ダネリヤなど、個性豊かな映画作家を多数輩出してきたグルジア映画の一端をうかがいます。どうぞお楽しみに。

連続講義「怪奇映画天国アジア」/第5回「タイ人が本当に怖いと思うのは、どのような映画か」

日, 06/29/2014 - 08:00
映画研究者の四方田犬彦氏が、レアものの抜粋上映を交えつつ、バンコクとジャカルタに長期滞在した成果を披露していく連続講義です。第5回は、現代タイ映画のニューウェーヴの旗手、ウィシット・サーサナティヤン監督の国内未公開作「見えざる者」を上映します。

特集上映「ダニエル・シュミットの悪夢─彼が愛した人と映画」

水, 06/25/2014 - 13:13
「ダニエル・シュミット映画祭」を締め括る企画として、シュミット監督の人生に大きな影響を与えた4人の映画作家ファスビンダー、シュレーター、ヴィスコンティ、プラウンハイムの作品と、彼が愛してやまなかった8本の映画を特集します。

ダニエル・シュミット─思考する猫

土, 06/21/2014 - 06:30
「ダニエル・シュミット映画祭」第2弾。シュミット監督の人生に重要な役割を果たした人々へのインタビューと豊富な映像資料によって、彼の人生と映画の迷宮を描き出したドキュメンタリーをロードショーします。

ダニエル・シュミット レトロスペクティヴ

金, 06/20/2014 - 15:00
「ダニエル・シュミット映画祭」第一弾。スイスに生まれ、ニュー・ジャーマン・シネマと並走し、世界を魅了した映画作家ダニエル・シュミット。言語や国境の壁、そして現実と虚構の境界をたえずすり抜けてきた彼の作品をふりかえります。

上映とシンポジウムと舞踏/身体表出の日本的特徴

日, 06/08/2014 - 03:30
即身仏は死の余白で明星のごとく輝いている——。日本全国の即身仏を訪ねたドキュメンタリー『即身仏を訪ねて 涅槃のアルケオロジー』完成記念企画。映画と言葉と舞踏によって、「身体」の日本的な有り様を探ります。

リュック・ムレ・コレクション

日, 06/08/2014 - 02:00
昨年、今年と2回に分けて3作品ずつを上映した「リュック・ムレ・コレクション」。今度は6作品まとめて大阪で開催。知られざるヌーヴェル・ヴァーグ、リュック・ムレ監督のユニークな世界をどうぞお楽しみください。 

オスカー・ミショー/アメリカン・インディペンデント

火, 05/20/2014 - 08:00
非ハリウッドの映画会社において、厳しい制作条件のもと、40本以上の黒人専用劇場映画を監督したオスカー・ミショー。その代表作を上映し、ハリウッドとは異なるもうひとつのアメリカ映画史に光を当ててみます。

ロシア・ソヴィエト映画 連続上映/第9回 キラ・ムラートワ

水, 05/07/2014 - 05:00
今回は、昨年のロッテルダム映画祭で特集が組まれるなど、世界的に再評価の機運が高まるキラ・ムラートワ監督に注目。ウクライナを拠点に、現在も活動を続ける彼女の初期2作品を上映します。

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画祭2014

月, 04/07/2014 - 10:00
傑出した才気でニュー・ジャーマン・シネマの時代を牽引し、映画史にその名を刻んだ R.W.F 。今もなお世界を挑発してやまない不世出の映画作家の16作品を一挙上映します。

ソヴィエト・フィルム・クラシックス

金, 04/04/2014 - 06:00
1922年に世界初の社会主義国として成立し、1991年に解体消滅。最大15の共和国で構成されたソヴィエト社会主義共和国連邦。30作品のソヴィエト映画の上映によって、各共和国のカラフルな特色に注目していきます。

エドガー・G・ウルマー/B級映画の秘かな愉しみ

金, 03/28/2014 - 07:51
多様なジャンル、国、言語の低予算映画を量産。フランスのヌーヴェルヴァーグの監督やマーティン・スコセッシなどに大きな影響を与えた伝説的監督の代表作を特別上映します。