『ハッピーアワー』濱口竜介インタビュー
「エモーションを記録する」

『いたくても いたくても』堀江貴大×嶺豪一インタヴュー

Not only feel hurt, but also stay alive.

仕事、恋愛、プロレス……それらはたがいの肌と肌とをぶつかり合わせる行為であり、同時に痛みをともなう儀式でもある。しかし『いたくても いたくても』の登場人物たちはその痛みに屈することなく、受け身でこらえ、やがて己の痛みとして噛みしめる。たとえそれがどんなに痛かろうとも、そこには彼らが感じるための手ざわりがあり、俳優たちの持つ強度へと還元されることを物語っているかのように。では、そのたしかな手ざわりや強度を手にするために、俳優や作り手は何を考え、映画の中で実践していたのだろうか。同作品の公開を控え、監督の堀江貴大さんと主演の嶺豪一さんにさまざまなお話を伺った。


——堀江さんは『いたくても いたくても』を撮られる前に、『リスナー』(2015)というオムニバス映画の中の一篇である『電波に生きる』を監督されていらっしゃいます。そこで嶺さんが初めて堀江さんの映画に出演されるわけですが、最初にお会いしたときの印象、また監督としての嶺さんについて堀江さんはどのようにお考えだったのでしょうか。

堀江貴大:嶺さんとは『電波に生きる』のオーディションで初めて会いました。ただ前から存在は知っていたし『息を殺して』(2014、五十嵐耕平)も見ていたんですが、監督作の『故郷の詩』(2012)だけはずっと見てなくて、最近初めて見ました。というのも『故郷の詩』を撮影前に見てしまえば、これから自分が撮る映画も変わるだろうなと思ったし、嶺さんとはあくまで俳優としての付き合いに留めておきたかったんです。たとえば藝大時代の同期は嶺さんとバンクーバー国際映画祭に呼ばれて行ったり、大学からの知り合いだったりして「嶺くん、嶺くん」っていうふうにいつも言ってるんですが、僕はいまだに嶺さんとしか言えません。その同期から「お前何で『嶺さん』なんだよ!」って言われたこともあったけど、それは僕にとって大事なことで、俳優に対しての尊敬がつねにあるからなんです。だから簡単に「嶺くん」とは呼べない俳優としてのすごさをオーディションのときに感じたこともあって、普段こうして一緒にいても敬語になっちゃうんです。

続き・・・

堀江貴大(ほりえ・たかひろ)

1988年、岐阜県生まれ。映画監督。東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域修了。同大学院にて黒沢清監督と諏訪敦彦監督に師事する。オムニバス映画『リスナー』(2015)では「電波に生きる」を監督し、劇場公開される。本作『いたくても いたくても』は第16回TAMA NEW WAVEコンペティションにてグランプリ、ベスト男優賞、ベスト女優賞を受賞。またSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016長編コンペティションに正式出品された。その後、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」に参加し、短編映画『はなくじらちち』(2016)を監督。


嶺豪一(みね・ごういち)

1989年、熊本県生まれ。俳優、映画監督。多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業。監督作『故郷の詩』は「第30回そつせい祭」でグランプリを受賞後、「第24回東京学生映画祭」にてグランプリと観客賞をダブル受賞。「ぴあフィルムフェスティバル」PFFアワード2012では審査員特別賞と福岡賞を受賞する。その後「第31回バンクーバー国際映画祭」招待部門で上映されたのち、ポレポレ東中野にて劇場公開された。俳優として近作では『64-ロクヨン-』前後編(2016、瀬々敬久)『マジックユートピア』(2016、遠山昇司/丹修一)『SCOOP!』(2016、大根仁)『溺れるナイフ』(2016、山戸結希) 『ジムノペディに乱れる』(2016、行定勲)など多数の映画に出演。公開待機作として『菊とギロチン』(2017、瀬々敬久)がある。


『いたくても いたくても』

とある通販会社の破天荒社長が社内で始めたプロレス同好会。社長の突然の思いつきから、プロレス同好会は社内事業として“商品を紹介しながらプロレスをする”エンターテイメント通販番組の中継へと発展していく。社長が書いたシナリオに翻弄されながらも次第にプロレスにのめり込んでいく星野(嶺豪一)。同僚でもあり彼女でもある葵(澁谷麻美)は戸惑いを隠せない。そこに二人の仲に割って入ろうとする戸田(吉家翔琉)がライバルとして星野の前に立ちはだかる。仕事と恋愛、プロレスへのそれぞれの思いが入り乱れ、彼らの三角関係はやがて思いもよらない方向へと進んでいく。

『いたくても いたくても』
2015年/98分/スタンダード
監督:堀江貴大
脚本:木村孔太郎、堀江貴大
出演:嶺豪一、澁谷麻美、吉家翔琉、坂田聡、大沼百合子、
芹澤興人、Jean、磯部泰宏、岩井堂聖子、川合空、中村圭太郎
公式サイト:http://itakutemo.com/
2016年12月3日(土)よりユーロスペースにて公開