Online Shop

購入方法

※送料は無料です。

※お支払いの際の、振り込み先が変更になりました。
ご注文時に送られるメールを確認の上、お振り込みをお願い致します。

※配送の時間帯指定をご希望される方へ
場合によってはご希望に添いかねる場合もございます。ご了承ください。

ご購入に関してこちらのご注意をお読みください。

 

2013年7月16日発行 / B5変型判 / 188p / ¥1500
ISBN 978-4-902794-41-0

詳細

冊数

*特集 梅本洋一の仕事と時代
[インタヴュー]稲川方人
[寄稿]松本正道 松浦寿輝 ティエリ-・ジュス ドミニク・パイーニ 青山真治 樋口泰人 廣瀬純 安井豊作 冨永昌敬 瀬田なつき 濱口竜介 黒岩幹子 松井宏 藤原徹平
[対談]北山恒×榑沼範久 ほか

*『リアル〜完全なる首長竜の日〜』
[インタヴュー]黒沢清 ほか

*CINEMA AROUND US

*追悼 大島渚
「さらば夏の妹よ」荻野洋一

*『湖畔の2年間』
[インタヴュー]ベン・リヴァース

*ライト・コーン

*102年目のニコラス・レイ
「ニコラス・レイ、孤独の民主主義」藤井仁子
「『We can't go home again』 アウト・オブ・ザ・ボックス」スーザン・レイ

*世界のすべてを肯定するために 特別編 「映画監督は撮影までをどのように段取るのか—万田邦敏の場合」 小出豊

[インタヴュー]太田和彦

2012年12月20日発行 / 新書変型判(112mm×182mm) / 128p / ¥900
ISBN978-4-902794-39-7

冊数

OURS TEXT 001ーー未来の住人のために

著者:伊東豊雄/北山恒/隈研吾/小嶋一浩/妹島和世/内藤廣/山本理顕
監修:横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院“IUI”、横浜国立大学大学院/建築都市スクール“Y-GSA”
企画:寺田真理子(Y-GSAスタジオ・マネージャー)
編集:寺田真理子、栗生はるか(Y-GSAスタジオ・アシスタント)、高木佑介(nobody編集部)
アートディレクション:加藤賢策(東京ピストル)
デザイン:吉田朋史(東京ピストル)
発行:nobody編集部

2012年11月17日発行 / B5変型判 / 146p / ¥1200
ISBN978-4-902794-38-0

Sold OUt

*特集 Playback
[インタヴュー]三宅唱 / 村上淳 / 渋川清彦
[対談]渡辺真起子×汐見ゆかり×河井青葉 『Playback』出演女優座談会
城内政芳×平島悠三 みんなの『Playback』! プロデューサー座談会 ほか

*追悼 トニー・スコット

*CINEMA AROUND US

*白夜
[インタヴュー]山城むつみ
「ボンクラどもにふさわしい音楽 『白夜』についての覚書」大谷能生

*セルジュ・トゥビアナとの対話
フランソワ・トリュフォーと「カイエ・デュ・シネマ」(2) 梅本洋一

*長い行進 第2回「生物としてのフィルムと消費期限を越えたなまなましさについて」

*ロケーション 第4回「その男、凶暴につき」

*SOMETIME 第3回「PUNPEE+三宅唱」 染谷将太

*世界のすべてを肯定するためにはじめからはじめろ 第4回 小出豊

[インタヴュー]飯塚貴士 / ジェラール・クラン / 森永泰弘 / 藤田貴大 / パウロ・ブランコ

寄稿:赤坂太輔 伊藤丈紘 梅本洋一 大谷能生 黒岩幹子 小出豊 染谷将太

2012年7月21日発行 / B5変型判 / 144p / ¥1200
ISBN978-4-902794-37-3

冊数

*特集 フィリップ・ガレル あるシネアストの肖像
[インタヴュー]フィリップ・ガレル / ヤン・ドゥデ / ヴァンサン・マケーニュ / キャロリーヌ・ドリュアス=ガレル
[対談]青山真治+町田マリー ほか

*CINEMA AROUND US

*日本映画のための挑発的資料
[インタヴュー]平島悠三(水戸短編映像祭ディレクター) / 北原豪+岡本英之
最後の商売 第4回 三宅唱

*セルジュ・トゥビアナとの対話
フランソワ・トリュフォーと「カイエ・デュ・シネマ」(1) 梅本洋一

*第65回カンヌ映画祭報告
論争に対峙する世界―「普通」の映画祭 田中裕子
古き世界より Des nouvelles du vieux monde クレモン・ロジェ

*「社会派見学」第8回『株式会社ヨコシネD.I.A.』

*長い行進 第1回「フィルムについての楽しい知識のための予告」

*ロケーション 第4回「ションベン・ライダー」

*SOMETIME 第3回「ゲスト=川瀬陽太」 染谷将太

*世界のすべてをふりかえるために 第3回 小出豊

*悪文とは悪意の文章のことである 第8回 稲川方人

[インタヴュー]パウロ・ブランコ / 世武裕子 / 杉田協士

寄稿:伊藤丈紘 稲川方人 梅本洋一 黒岩幹子 小出豊 後閑広 染谷将太 田中裕子 三宅唱 クレモン・ロジェ(Clément Rauger)

2011年11月15日発行 / B5変型判 / 190p / ¥1200
ISBN978-4-902794-36-6

詳細

Sold OUt

*特集 富田克也『サウダーヂ』
[インタヴュー]富田克也 / 高野貴子+芦澤明子+富田克也 / 鷹野毅+伊藤仁 / 相澤虎之助 / 川瀬陽太
[論考]「OUTRA VEZ..., MAS!」廣瀬純
[対談]空族+中原昌也+nobody(CINEMALINK第9回トーク採録)  ほか

*特集 マチュー・アマルリック『さすらいの女神たち』
[対談]マチュー・アマルリック+青山真治
[インタヴュー]マチュー・アマルリック
[論考]「制御するふりをしながら」ドミニク・パイーニ ほか

*湯布院映画祭
[インタヴュー]曽根中生 / 伊藤雄[第36回湯布院映画祭実行委員長]

*第64回カンヌ国際映画祭報告

*特集 ガセネタの30年後へ
[インタヴュー]山崎春美 / MOODMAN / 佐藤薫
ディスクレヴュー「ちらかしっぱなし:ガセネタIn The Box」JOJO広重ほか
ブックレヴュー「ガセネタの荒野」工藤冬里
[対談]佐々木敦×中原昌也 ほか

*CINEMA around US
『カルロス』彦江智弘
『カウボーイ&エイリアン』黒岩幹子 ほか

*「社会派見学」第7回『株式会社アダンソニア』

*小さな音楽 最終回 圷尚

*最後の商売 第3回 三宅唱

*悪文とは悪意の文章のことである・第7回 稲川方人

[インタヴュー]韓英恵 / レベッカ・ズロトヴスキ / ティエリー・ルナス / パウロ・ブランコ

寄稿:圷尚 稲川方人 工藤冬里 黒岩幹子 JOJO 広重 染谷将太 槻舘南菜子 廣瀬純 彦江智弘 三宅唱 ドミニク・パイーニ 

2011年6月25日発行 / B5変型判 / 170p / ¥1200
ISBN978-4-902794-35-9

Sold OUt

*特集 青山真治『東京公園』
[インタヴュー]青山真治 / 三浦春馬 / 内田雅章+合田典彦
[論考]「東京公園を散歩する」樋口泰人 ほか

*マルコ・ベロッキオ『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』
マルコ・ベロッキオ特別講義 2010.4.30 於映画美学校
「開かれた夢の領域で」岡本太郎
「不毛な世界で愛は始まる」三浦哲哉 ほか

*クロード・シャブロル
[インタヴュー]ステファーヌ・オードラン / 大久保清朗
「男性・女性」ティエリー・ジュス ほか

*真利子哲也『NINIFUNI』
[インタヴュー]真利子哲也 / 宮崎将 ほか

*CINEMA around US
『モールス』和田清人
『ふたりのヌーヴェルヴァーグ』伊藤丈紘 ほか

*「社会派見学」第6回『オーディトリウム渋谷』

*世界のすべてを肯定するために・第2回 小出豊

*ロケーション・第3回「生まれてはみたけれど」

*悪文とは悪意の文章のことである・第6回 稲川方人

[インタヴュー]アンヌ・ヴィアゼムスキー / フレデリック・ルオー

寄稿:伊藤丈紘 稲川方人 岡本太郎 小出豊 染谷将太 ティエリー・ジュス 樋口泰人 三浦哲哉 和田清人

2011年1月29日発行 / B6判 / 92p /¥700
ISBN978–4–902794–34–2

詳細

冊数

* 季刊ノーバディ別冊 噓つきみーくんと 壊れたまーちゃんと 瀬田なつき
nobody special issue vol.02

[写真]A Liar and a Broken Girl 鈴木親
[インタヴュー]瀬田なつき「だけど彼らは生きていくんです」
[インタヴュー]染谷将太「ずっとみーくんとしてそこにいたような気がします」
[論考]かけがえのない、普通のカップル 松井宏
[論考]瀬田なつきのメジャーデビューに寄せて 荻野洋一
[論考]彼方への手紙 濱口竜介
[レポート]第3回CINEMALINK〈せたのまつり〉トーク採録
瀬田なつき×染谷将太
[ダイアリー]seta-phone日記 瀬田なつき

2010年10月15日発行 / B5変型判 / 222p / ¥1200
ISBN978-4-902794-33-5

詳細

冊数

*特集 日本映画のための挑発的資料
[インタヴュー]青山真治 / 真利子哲也 / 空族 / 吉武美知子
[鼎談]「日本映画の新たな胎動」加藤直輝×佐向大×松田広子
[連載]「最後の商売」三宅唱 ほか

*『クリスマス・ストーリー』 アルノー・デプレシャン
[インタヴュー]アルノー・デプレシャン / マチュー・アマルリック / マチュー・アマルリック
「映画はなぜ重要なのか?」スタンリー・カヴェル×アルノー・デプレシャン ほか

*『乱暴と待機』 冨永昌敬
[インタヴュー]冨永昌敬 /月永雄太 ほか

*ジャンヌ・バリバール
[インタヴュー]ジャンヌ・バリバール
[鼎談]「最後の強盗団たちとの対話」ジャンヌ・バリバール×ロドルフ・ビュルジェ×大谷能生
「ファム・ファタールの快楽と孤独」渡邊未帆 ほか

*CINEMA around US
『ナイト&デイ』安田和高
『エクスペンダブルズ』千浦僚
『ブロンド少女は過激に美しく』廣瀬純 ほか

*「社会派見学」第5回『神保町シアター』

小さな音楽 vol.01「みんなのうた」圷尚

骨伝導音楽奇譚 第2回 デューク・エリントン「マネー・ジャングル」冨永昌敬

[インタヴュー]ホセ・ルイス・ゲリン / 山本タカアキ / 村上淳

寄稿:圷尚 荻野洋一 小出豊 黒岩幹子 須藤健太郎 千浦僚 冨永昌敬 廣瀬純 三宅唱 安田和高 渡邊未帆

2010年3月15日発行 / B5変型判 / 158p / ¥1200
ISBN978-902794-32-8

冊数

* エリック・ロメール、不純な映画のために
[インタヴュー]「緑の教室」エリック・ロメール
[論考]ロメールと死にまつわる7章 濱口竜介、 野生の映画/映画の野生 海老根剛、 必要なものと本当らしいもの 茂木恵介、 肉体の定着する場所 五所純子、 夢を見る人 黒岩幹子、 アパルトマンの窓の外側に広がる世界では 梅本洋一
「エリック・ロメール、あるいはシナリオの問題」ジャン=マルク・ラランヌ講演 ほか

*Several encounters of Gentleman Jim
[インタヴュー]ジム・ジャームッシュ(聞き手:フィリップ・アズーリ)

*AVATAR the other me
[対談]乗れ、接続せよ、そしてサーフせよ。―青山真治×樋口泰人 on 『アバター』ほか

*廣瀬純とのふたつの対話

*[新連載]ロケーション 第1回|黒沢清監督『叫』

*[新連載]小さな音楽VOLUME 00|圷尚(SMALL MUSIC)『N.Y.旅行篇』

*社会派見学第4回 『株式会社東京光音』

[インタヴュー]アントニー・ヘガティnbsp;/ 溝端俊夫 / 矢崎仁司&池脇千鶴 / ヤン・イクチュン / 東京ピストル / ベン・リバース

寄稿:梅本洋一 海老根剛 木村有理子 五所純子 濱口竜介 廣瀬純 茂木恵介 綿引尚 フィリップ・アズーリ ジャン=マルク・ラランヌ

2009年12月15日発行 / B5変型判 / 168p / ¥1200
ISBN978-902794-31-1

冊数

* Sheʼs So Lovely 現代のコメディエンヌに向けて
[インタヴュー]藤田陽子 / 瀬戸夏実 / 薬師丸ひろ子
[論考]彼女の月曜の朝のためにロマンティック・コメディについて 木村有理子
映画におけるISAウィルス問題に関する研究報告 濱口竜介 ほか

*骨伝導音楽奇譚 第1回SAM COOKE『LIVE AT THE HARLEM SQUARE CLUB, 1963』湯浅学

*CINEMA around US
『ウディ・アレンの夢と犯罪』ウディ・アレン 梅本洋一 ほか

*ギー・ドゥボール
[講演採録]暗い道行き フィリップ・アズーリ ほか

*『ランニング・オン・エンプティ』
[インタヴュー]佐向大 ほか

*ジャック・ロジエ
[論考]「自然さ」と「留まろうとする時間」と 〜ジャック・ロジエと現代 赤坂大輔
[インタヴュー]株式会社アウラ・池田雄二(「ジャック・ロジエのヴァカンス」配給) ロジエを巡る冒険譚 ほか

*「社会派見学」第3回『株式会社紀伊國屋書店』

[対談]豊田利晃×渋川清彦 / イポリット・ジラルド×諏訪敦彦

[インタヴュー]沖島勲 / 松村浩行 / ジャン=ピエール・デュレ&アンドレア・サンタナ / ジェイコブ・ティアニー

寄稿:赤坂大輔 伊藤丈紘 梅本洋一 木村有理子 槻舘南菜子 濱口竜介 湯浅学

2009年9月15日発行 / B5変型判 / 176p / ¥1200
ISBN978-902794-30-4

Sold OUt

*俳優とは誰か? WHO THE HELL'S IN IT
[インタヴュー] ARATA / 渋川清彦 / 杉山彦々 / 萩原健一
Entrer dans le jeu 演技の中へ ̶ ルイ・ガレル インタヴュー
[論考]現代日本映画女優の動向 荻野洋一 ほか

*『パンドラの匣』
[インタヴュー] 冨永昌敬 / 染谷将太 ほか

*CINEMA around US
『アバンチュールはパリで』ホン・サンス 彦江智弘
『3 時10 分、決断のとき』ジェームズ・マンゴールド 和田清 ほか

*The Anchorage
叔母ちゃんの水遊び 中原昌也
[インタヴュー] C.W. ウィンター& アンダース・エドストローム

*「社会派見学」第2回『株式会社スクリーン設備』

・連載 悪文とは悪意の文章のことである05 稲川方人

[インタヴュー]イエジー・スコリモフスキ / 松本弦人 / パティ・スミス+ スティーヴン・セブリング / 渋谷慶一郎 / オリヴィエ・アサイヤス / 佐々木靖之 / 東京芸術センター 建築家 村井敬 / ヤン・ドゥデ

寄稿:秋元美野理 稲川方人 荻野洋一 田口寛之 中原昌也 彦江智弘 和田清人

2009年5月25日発行 / B5変型判 / 166p / ¥1200
ISBN978-902794-29-8

冊数

*transition ̶両大戦間への旅
[インタヴュー] 佐山一郎 / 蓮実重臣 / 松浦寿輝
[論考]交通都市と欲望の迷宮 デーブリーン/ファスビンダーの〈アレクサンダー広場〉 海老根剛
[論考]建築と日常 偶然足を踏み入れた小学校で懐かしい思い出に浸るの 長島明夫
[短編]JDについての4枚の肖像 梅本洋一 ほか

*撮影現場レポート 佐向大『ランニング・オン・エンプティ』

*新連載「社会派見学」第1回『日本電子光学工業』

*CINEMA around US
『ブッシュ』オリヴァー・ストーン 藤井仁子 ほか

[対談]濱瀬元彦×菊地成孔 / 濱口竜介×佐藤央

[インタヴュー]青木淳悟 / SUNN O))) / group_inou / 瀬田なつき / 横浜聡子き / クリストフ・オノレ / ヤン・ドゥデ

寄稿:秋元美野理 梅本洋一 海老根剛 田口寛之 長島明夫 藤井仁子

2009年2月2日発行/ B5判 / 124p / ¥900
ISBN978-4-902794-28-1

冊数

*ふたしかさの荒野へ!ぼくらのガイド(ブック)
魂を救え!中原昌也とふり返る2008年
道に迷うためのふたしかなガイドブックたち 仲俣暁生
1973年、ぼくはひたすら退屈していた 梅本洋一
ほか

*東京のふたつの映画祭
[インタヴュー]イエジー・スコリモフスキ / ホセ・ルイス・ゲリン / [インタヴュー]ソヨン・キム
ほか

・USところどころ
キッドマン解剖 ジャン=マルク・ラランヌ
ほか

・『シャーリーの好色人生』撮影現場ルポ&レビュー
・ショット/切り返しショット、ゴダール/レヴィナス 廣瀬純
・連載 悪文とは悪意の文章のことである04 稲川方人

[インタヴュー]ヴィゴ・モーテンセン / Americo / 阿部海太郎 / 騒音寺

寄稿:稲川方人 梅本洋一 仲俣暁生 廣瀬純 ジャン=マルク・ラランヌ

2008年9月15日発行/ B5判 / 98p / ¥900
ISBN978-4-902794-27-4

冊数

*TOKYO SONATA 黒沢 清
[インタヴュー] 黒沢 清
[論考]「黒沢清への疑念と予感」 荻野洋一

*TOKYO! <MERDE> レオス・カラックス
[論考]「〈糞〉に甘酸っぱさを求めるな」 中原昌也
「錆だらけのテロリスト、王国に現わる」 フィリップ・アズーリ

*LEAP YEAR アメリカ映画のリープ・イヤー
[論考]1938-1957/1989-2008:スティーヴン・スピルバーグ『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 橋本一径
[論考]2008 年の余分な1 日に『ハプニング』を:M・ナイト・シャマラン『ハプニング』 黒岩幹子ほか
U.S. ところどころ

*LEAP YEAR in FRANCE
・ラバ・アメール= ザイメッシュ
・『レディ アサシン』オリヴィエ・アサイヤス
・パスカル・ボニゼール

*『PASSION』濱口竜介
[インタヴュー] 濱口竜介
[論考]濱口竜介への手紙 梅本洋一

*AA in NIIGATA
[トーク採録] 青山真治+大里俊晴
[ライヴレポート]自問自答の歌、間章への鎮魂歌 君島龍太朗

*宇波 拓
[インタヴュー] 宇波 拓 ほか

・連載 悪文とは悪意の文章のことである03 稲川方人

寄稿:梅本洋一 荻野洋一 中原昌也 フィリップ・アズーリ 橋本一径 君島龍太朗 稲川方人

2008年3月8日発行/ B5判 / 108p / ¥900
ISBN978-4-902794-26-7

冊数

*特集:万田邦敏『接吻』
[インタヴュー]万田邦敏 / 万田珠実
[鼎談]仲村トオル×万田邦敏×万田珠実
「A Liar's kiss—万田邦敏『接吻』について」 廣瀬純
「凡庸さについて」 結城秀勇 ほか

*特集: Jacques Rivette ジャック・リヴェット
ジャック・リヴェットとの対話1「予告編」 エレーヌ・フラッパ
「海賊の視点」 マリー=アンヌ・ゲラン
「創造と解体の間で̶ふたつの〈十三人組物語〉」 筒井武文
「言葉を再び失うために—『ランジェ公爵夫人』の残響」 田中竜輔
Jacques Rivette AtoZ
ジャック・リヴェットとの対話2「秘密と法」 エレーヌ・フラッパ

*特集: Pedro Costa ペドロ・コスタ
[インタヴュー]ペドロ・コスタ……エマニュエル・ビュルドー、ティエリー・ルナス
「Multi-storied residence」 結城秀勇

ジム・オルークによるジム・オルーク
対談 : Jim O'Rourke × 大里俊晴

・U.S. ところどころ

・爆音のサンプラー 第一回爆音映画祭インタヴュー

・追悼 楊徳昌
オリヴィエ・アサイヤスによるエドワード・ヤン
「エドワード・ヤンとその時代」 オリヴィエ・アサイヤス

寄稿・編集協力:梅本洋一 坂本安美 佐藤まなみ 須藤健太郎 筒井武文 中村真人 廣瀬 純 藤井陽子 吉川正文 エレーヌ・フラッパ  オリヴィエ・アサイヤス マリー=アンヌ・ゲラン

2007年9月7日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN978-4-902794-25-0

冊数

*特集:SAD VACATION
[インタヴュー]
青山真治 / 光石研 / 板谷由夏
[論考]「「悲しき休暇」とは何か?」荻野洋一 ほか

*特集:コンナオトナノオンナノコ
[インタヴュー] 冨永昌敬 / 桃生亜希子 ほか

・追悼 エドワード・ヤン
「A Brighter Summer Day 〜エドワード・ヤン追悼〜」舩橋淳

・EVENT REPORT GAL Presents PR vol.1

・追悼 リー・ヘイズルウッド 樋口泰人

・連載 悪文とは悪意の文章のことである02 稲川方人

[インタヴュー]アン・サリー / 沢知恵 / リティ・パニュ ほか

寄稿:荻野洋一 舩橋 淳 内田雅章 猪股東吾 樋口泰人 稲川方人

2007年5月14日発行/ B5判 / 84p / ¥900
ISBN978-4-902794-24-3

冊数

*特集:活劇は今
[インタヴュー]
山根貞男 / ポール・ヴァーホーヴェン / マッスル坂井
[論考]「オルフェウス強行突破ーー不確定なトニー・スコット論のために」藤井仁子 ほか

・リュック・フェラーリを探してーーリュックフェラーリ際アンコール

・[論考]「オール・ザ・キングスメン」梅本洋一

・連載 悪文とは悪意の文章のことである01 稲川方人

[インタヴュー]ビュル・オジェ/セドリック・カーン/group_inou/Kip Hanrahan

寄稿:稲川方人 梅本洋一 大里俊晴 加藤明久 黒沢清 左向大 冨永昌敬 中原昌也 蓮實重彦 樋口泰人 湯浅学 ジャン=マルク・ラランヌ 福田真作 長門洋平

2006年12月31日発行/ B5判 / 88p / ¥900
ISBN978-4-902794-23-6

冊数

*特集:フィリップ・ガレル
フィリップ・ガレル インタヴュー
フィリップ・アズーリ インタヴュー
再び始めるチャンス「フィリップ・ガレルと永遠回帰」フィリップ・アズーリ(翻訳:坂本安美)
「逡巡への視線」舩橋 淳ほか

・『AA』

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ(ゲスト:青山真治(映画監督)/ 大里俊晴(音楽評論家))採録ほか

・[対談]大竹伸朗 × デヴィッド・シルヴィアン「時と表現の弁証法」

・青山真治最新作『SAD VACATION』撮影ルポ

・current montage
[インタヴュー]いまおかしんじ/Boris ほか

寄稿:坂本安美 舩橋 淳 田村博昭 藤井陽子

2006年9月8日発行/ B5判 / 104p / ¥900
ISBN4-902794-22-5

Sold OUt

*特集:黒沢清、3年ぶりの新作『LOFT ロフト』
[インタヴュー]
監督:黒沢清 / 俳優:西島秀俊 / 音楽:ゲイリー芦屋
[論考]「風のそよぎ、あるいは映画的記憶ーー黒沢清の『LOFT ロフト』」彦江智弘
[書評]「黒沢清の映画術」「映像のカリスマ 増補改訂版」 ほか

・富永昌敬の初長編『パビリオン山椒魚』がついに登場
[インタヴュー]監督:富永昌敬
[対談]KIKI × 杉山彦々
[論考]「バカ騒ぎを、もう一杯」大谷能生
スタッフ・出演者が語る、『パビリオン山椒魚』と富永昌敬
富永昌敬が選ぶ30冊 ほか

・追悼 ダニエル・シュミット 青山真治

・赤狩り時代というワームホールへ 上島春彦

・current montage
[インタヴュー]斉藤陽一郎 ほか

寄稿:青山真治 梅本洋一 大久保清朗 大谷能生 田中花 彦江智弘 和田清人

2006年5月31日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-21-7

Sold OUt

*特集:アルノー・デプレシャン「Kings & Queen」
[インタヴュー]アルノー・デプレシャン
[対談]アルノー・デプレシャン × 青山真治
[特別寄稿]「見出された愛」坂本安美 ほか

・リチャードフライシャー追悼対談 黒沢清 × 蓮實重彦

・テレンス・マリック『ニュー・ワールド』
[論考]
「彼らは知覚のヒエラルキーの外に生きている」稲川方人
「デモクラシーの新世界―From The New World」藤井仁子 ほか

・吉田喜重 ロングインタヴュー

・current montage
[インタヴュー]倉地久美夫/舩橋 淳 ほか

寄稿:稲川方人 梅本洋一 荻野洋一 坂本安美 清水一誠 瀬田なつき 月永理絵 藤井仁子 森山聡平

2006年1月31日/発行 B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-20-9

在庫僅少

冊数

*特集:Eli, Eli, Lema Sabachthani?
青山真治 インタヴュー
中原昌也 インタヴュー 聞き手:安井豊
論考「パルテノン、あるいは映画の存在論
―青山真治のエリエリ・レマ・サバクタニ」 彦江智弘
『こおろぎ』撮影写真日記

・複数の映画館
architecture WORKSHOP 北山 恒 インタヴュー
ユーロスペース 北條誠人 インタヴュー
シネマヴェーラ渋谷 内藤篤 インタヴュー
Q-AXシネマ インタヴュー、「旧シネマテーク・フランセーズ最後の日」ほか

・current montage
「X-knowledge HOME」長島明夫インタヴュー、豊田道倫 インタヴュー、『白塔』スー・チン、ミー・ナー インタヴューほか

・ロング・インタヴュー ドミニク・オーヴレイ

寄稿:彦江智弘 梅本洋一

2005年10月3日発行/ B5判 / 112p / ¥900
ISBN4-902794-19-5

冊数

*特集:Hiroshima, 2046
エマニュエル・リヴァからの手紙
諏訪敦彦 インタヴュー
山本理顕 インタヴュー
那須正幹 インタヴュー

・Black Movie
メルヴィン&マリオ・ヴァン・ピーブルズ
記者会見レポート
論号:黒人映画の記憶
『バッドアス!』『スウィート・スウィートバック』
『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』論ほか

・西部謙司 ロングインタヴュー

・再見 マット・ディロン

・nobody meets anybody(取材ページ)
ジャ・ジャンクー/□□□/54-71

寄稿:海老根 剛 佐向 大 和田清人

2005年7月29日発行/ B5判 / 128p / ¥900
ISBN4-902794-18-7

冊数

*特集:「文学者」の国に、僕らはいるか
矢作俊彦 インタヴュー
稲川方人 インタヴュー
broken, broken letters to Hideo Levy
      ――リービ英雄をめぐる声

・I Love Huckabees & Tarnation
デヴィッド・O・ラッセル インタヴュー
『ハッカビーズ』『ターネーション』論ほか

・Festival de Cannes
ティエリー・ジュスインタヴュー
カンヌおぼえがき―そこでニックを憶い出した

・再見 エディット・スコブ

・nobody meets anybody(取材ページ)
ウィリアム・エグルストン/エマニュエル・ドゥヴォス
アントニー・コルディエ/ブランドン・ロス

寄稿:梅本洋一 瀬田なつき サンドリーヌ・リナルディ

2005年5月6日発行/ B5判 / 128p / ¥900
ISBN4-902794-17-9

Sold OUt

*特集:Our Back Pages
鈴木正文 インタヴュー
近田春夫 インタヴュー
論考:弁天通、2005年4月
      ――獅子文六と横浜とぼく ほか

・The Life Aquatic with Steve Zissou
『ライフ・アクアティック』公開記念対談
ウェス・アンダーソン × 冨永昌敬 ほか

・ドミニック・パイーニ
ドミニック・パイーニ インタヴュー
ドミニック・パイーニの想像のシネマテーク

・再見 菊地成孔によるジャン=リュック・ゴダール

・nobody meets anybody(取材ページ)
楳図かずお/マーク・ボスウィック/にせんねんもんだい/SLOWGUN 小林学

寄稿:梅本洋一 菊地成孔 坂本安美 清水一誠 藤原徹平 渡辺真也

2005年3月9日発行 / B6判 / 64p /¥700
ISBN4-902794-16-0

詳細

Sold OUt

*nobody special issue
ネーム:ドヌーヴ 職業:映画監督

カトリーヌ・ドヌーヴ × アルノー・デプレシャン

新作『キングス・アンド・クイーン』の封切りを記念してアルノー・デプレシャンが責任編集したフランスの雑誌「アンロキュプティーブル」471号の中心にあるカトリーヌ・ドヌーヴのインタヴューを全文掲載。ネリー・カプリエリアンとジャン=マルク・ラランヌによるドヌーヴのインタヴューに、ドヌーヴについてのテクストを書いたデプレシャンが加わっている。

著者:カトリーヌ・ドヌーヴ、アルノー・デプレシャン、ジャン=マルク・ラランヌ、ネリー・カプリエリアン

訳者:梅本洋一

2005年1月31日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-15-2

詳細

Sold OUt

*オリヴィエ・アサイヤス/クレール・ドゥニ/アルノー・デプレシャン/青山真治
オリヴィエ・アサイヤス インタビュー
オリヴィエ・アサイヤス × 稲川方人 トークショー採録
クレール・ドゥニ インタビュー
長嶌寛幸 インンタビュー
『デーモンラヴァー』、『“男たちと共に”演技するレオ』、「アンロッキュプティーブル」誌 アルノー・デプレシャン編集号、『侵入者』、『レイクサイド・マーダーケース』論考 他

・l'Horloge 再見・ウド・キアー

・nobody meets anybody(取材ページ)
ミサイルズ/Tortoise/テリー・ツワイゴフ/仲俣暁生

寄稿:梅本洋一、海老根剛、冨永昌敬、樋口泰人、廣瀬純、松本晴子、安井豊

2004年11月30日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-14-4

詳細

冊数

*特集:スタンダード・ナンバー
インタビュー:漣健児(訳詞家)/鈴木惣一朗(world standard)
論考:服部良一/コール・ポーター/『巴里の恋愛協奏曲』
すみや渋谷店を訪ねて

・ゼメキス×トム・ハンクス×スピルバーグ

・l'Horloge 再見 松浦寿輝

・nobody meets anybody(取材ページ)
KIKI/杜篤之/グウィネス・パルトロウ/アンヌ・フォンテーヌ

寄稿:内田雅章/梅本洋一

2004年9月30日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-13-6

詳細

Sold OUt

*黒沢清 新作撮影/マイケル・チミノ/青山ブックセンター
黒沢清 新作撮影ルポ:大寺眞輔
マイケル・チミノ 論考:青山真治/梅本洋一
青山ブックセンター インタヴュー:日本洋書販売社長 賀川洋

・current montage
『CLEAN』オリヴィエ・アサイヤス:樋口泰人/『大島渚1968』:冨永昌敬

・「フランス映画とは何か?」ドミニック・パイーニ

・l'Horloge 再見 安井豊

・nobody meets anybody(取材ページ)
候孝賢/岸朝子/羅針盤

寄稿:青山真治、梅本洋一、海老根剛、大寺眞輔、坂本安美、冨永昌敬、樋口泰人

2004年6月30日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-12-8

詳細

在庫僅少

冊数

*ESCAPE FROM LAndscape
インタビュー:畠山直哉/佐向大(『まだ楽園』監督)/森まゆみ
対談:梅本洋一×藤原徹平

・nobody meets anybody(取材ページ)
守中高明/シャンヌ・バリバール/ロドルフ・ビュルジェ/藤本壮介/イクエ・モリ

・l'Horloge ピエール・アルフェリは憶えている

寄稿:梅本洋一、藤原徹平、前田晃一

2004年4月30日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-11-X

詳細

在庫僅少

冊数

*WHILE THE CITY SLEEPS
インタビュー:「Les Inrockuptibles」編集長 ジャン=マルク・ラランヌ/小出幸子/林文浩/ソフィア・コッポラ

nobody上映イベント 対談採録:蓮實重彦×中原昌也

・nobody meets anybody(取材ページ)
united bamboo阿部好世/『スクール・オブ・ロック』マイク・ホワイト、ジョーイ・ゲイドス・ジュニア、レベッカ・ブラウン、ジャック・ブラック/『スイミング・プール』フランソワ・オゾン、リュディヴィーヌ・サニエ

寄稿:受川千恵、内田雅章、梅本洋一、清水一誠

2004年2月27日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-10-1

詳細

在庫僅少

冊数

*ガス・ヴァン・サント『エレファント』
塩田明彦監督に『エレファント』を聞く/王の帰還(樋口泰人)/マット・デイモンを支持するetc.

・nobody meets anybody(取材ページ)
浅野忠信/KIKI/杉山彦々+木村文/ヴァレリ=アンヌ・クリステン/イザベル・ユペール/ベルトラン・ボネロ

・l'Horloge 森山大道は憶えている

寄稿:赤染章人、内田雅章、梅本洋一、大里俊晴、角井誠、蓮實重彦、樋口泰人

2004年1月8日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-09-8

詳細

Sold OUt

*クリント・イーストウッド『ミスティック・リバー』/ペドロ・コスタ『ヴァンダの部屋』/セルジュ・トゥビアナ講演採録/TOKYO FILMeX 2003 Report
クリント・イーストウッド『ミスティック・リバー』・CEのことを話そう(イーストウッド座談会)etc.
ペドロ・コスタ『ヴァンダの部屋』・ペドロ・コスタ インタビュー/ティエリー・ルナス インタビューetc.

・nobody meets anybody(取材ページ)
ユー・リクワイ(映画監督)/今野裕一(編集者)/デルフィーヌ・グレース(映画監督)

寄稿:樋口泰人、海老根剛、七尾藍佳、角井誠

2003年10月31日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-08-X

詳細

在庫僅少

冊数

*青山真治 A Punk with No Name/山形国際ドキュメンタリー映画祭/映画批評という闘争その2
青山真治 A Punk with No Name
『月の砂漠』から来年公開の新作『レイクサイド マーダーケース』に至る道程、そして発売されたばかりの小説集『Helpless』を始めとする小説作品について聞いたロングインタヴュー。 その他、もろもろ論考も含めて40ページの大特集。
山形国際ドキュメンタリー映画祭・批評家ティエリー・ルナス インタヴューetc.
映画批評という闘争 その2:シネクラブと批評・梅本洋一・大寺眞輔 往復書簡

・nobody meets anybody(取材ページ)
角田純一(デザイナー)/田口史人(OZディスクetc.)

寄稿:梅本洋一、大寺眞輔、角井誠、金森香

2003年8月31日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-07-1

在庫僅少

冊数

*黒沢清『ドッペルゲンガー』/アッバス・キアロスタミ『10話』/映画『沙羅双樹』を巡って/フランス映画祭横浜2003来日ゲストインタヴュー/映画批評という闘争 その1:シネクラブと批評
黒沢清『ドッペルゲンガー』・黒沢清インタヴュー・『ドッペルゲンガー』論 etc.
アッバス・キアロスタミ『10話』・新鋭 冨永昌敬監督による『10話』評 etc.
映画批評という闘争 その1:シネクラブと批評・梅本洋一・大寺眞輔 往復書簡

・nobody meets anybody(取材ページ)
カロリーヌ・シャンプティエ(撮影監督)/柏原譲(Polalisベーシスト)

寄稿:梅本洋一、大寺眞輔、角井誠、冨永昌敬、藤原徹平

2003年6月30日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-06-3

在庫僅少

冊数

*雑誌ってつまらない/ジャン=ピエール・リモザン/青山真治/モーリス・ピアラ/ベアトリス・ダルと『H story』
雑誌ってつまらない・インタヴュー:江坂健・評論:安原顯論/新書について 他
ジャン=ピエール・リモザン・新作『NOVO/ノボ』を巡って、リモザンのインタヴュー及び論考。
青山真治・『月の砂漠』を始め近日公開予定の長中編4作品の批評を一挙掲載。
モーリス・ピアラ・前号に引き続き、先頃亡くなった信念の映画監督モーリス・ピアラの作品について考える。
ベアトリス・ダルと『H story』・『H story』で圧倒的な存在感を見せたベアトリス・ダルのインタヴューとともに公開間近の問題作を再考。

・nobody meets anybody(取材ページ)
北村道子(スタイリスト)/仲俣暁生(文芸批評)/佐藤和歌子(Madorist)/リン・ハーシュマン・リーソン(映画監督)

寄稿:石橋今日美、梅本洋一、海老根剛、KIKI、角井誠、原雅明、樋口泰人、フェルナン・ペルソンヌ

2003年5月6日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-05-5

在庫僅少

冊数

*映画をつくりたいぞ/『VICUNAS』/フランソワ・トリュフォー/批評の反感装置

映画をつくりたいぞ・インタヴュー:仙頭武則/荒木啓子/藤井謙二郎/舩橋 淳/瀬田なつき/ペドロ・コスタ・青山真治監督撮影現場日誌 他
『VICUNAS』・冨永昌敬インタヴュー他
批評の反感装置・第3回 「音楽批評」インタヴュー:大里俊晴/佐々木敦

・nobody meets anybody(取材ページ)
荒川眞一郎(ファッションデザイナー)/小崎哲哉(REALTOKYO 編集長)/KIKI(モデル)/鈴木 親(写真家)/湯浅健二(サッカー批評家)

寄稿:梅本洋一/荻野洋一/小原さやか/加藤明久/坂本安美/本永惠子/ジャン=マルク・ラランヌ/安井豊

2003年2月28日発行/ B5判 / 112p / ¥900
ISBN4-902794-04-7

Sold OUt

*狂い咲きオモテサンドー/ジャン=クロード・ブリソー/批評の反感装置
狂い咲きオモテサンドー・インタヴュー:浜野安宏/和多利浩一・論考:安藤忠雄論(同潤会青山アパート建て替え計画)/都市と家族(小津安二郎と戦後の住居)etc.
ジャン=クロード・ブリソー・ジャン=クロード・ブリソー インタビュー・最新作『秘め事』論考・全作レビュー
批評の反感装置・第2回「文芸批評」小林信彦・リービ英雄論(寄稿 梅本洋一)

・nobody meets anybody(取材ページ)
飯田善彦(建築家)/桑原茂一(クラブキング代表、「dictionary」編集長)/篠崎誠(映画監督)/菅付雅信(「インビテーション」編集長)/ジャン=マルク・ラランヌ(「カイエ・デュ・シネマ・」共同編集長)

2002年11月30日発行/ B5判 / 112p / ¥900
ISBN4-902794-03-9

在庫僅少

冊数

*はじめまして、新宿/映画『H story』を巡って/批評の反感装置/ロメールと私(たち)
はじめまして、新宿・インタヴュー:森山大道/たむらまさき/津野海太郎・論考:森山大道論/映画の1968年/寺山修司論/歌謡曲の時代/庄司薫論
HIROSHIMA, MY BIRTH PLACE 〜映画『H story』を巡って・フランスに旅立つ直前の諏訪とのインタビュー及び『H story』についての論考。
批評の反感装置・第1回「スポーツ批評」金子達人・山際淳二論(寄稿 梅本洋一)
ロメールと私(たち)・新作『グレースと公爵』についての論考など

・nobody meets anybody(取材ページ)
シアタープロダクツ(アパレルメーカー)/市山尚三(東京フィルメックス プログラム・ディレクター)/ビュル・オジェ(女優)/ジュリー=ロペス・キュルヴァル(映画監督)

2002年8月31日発行/ B5判 / 112p / ¥900
ISBN4-902794-02-0

Sold OUt

*黒沢清/pizzicato five/creation of magazine
黒沢清・来年公開予定の『アカルイミライ』の編集中に行ったロングインタビューの他、スタディスト・岸野雄一氏による黒沢清論など。
ピチカート・ファイヴ・ピチカートをデビューさせたノン・スタンダードレーベルの仕掛人、牧村憲一、後期ピチカートを追い続けた音楽雑誌「MARQUEE」の松本昌幸、両氏のインタヴューなど。
Creation of magazine・インタヴュー:宮田仁(青土社編集者)/松田広子(元「Switch」編集者)/梅本洋一(「カイエ・デュ・シネマ・ジャポン」編集代表)

・nobody meets anybody(取材ページ)
フィリップ・ガレル(映画監督)/ジャン=フランソワ・ステヴナン(映画監督)/平川武治(モード批評家)/松井憲太郎(世田谷パブリックシアター)/クリストフ・ルッジア(映画監督)/パトリシア・プラトネール(映画監督)

2002年4月16日発行/ B5判 / 96p / ¥900
ISBN4-902794-01-2

Sold OUt

*CAT STRRET STORY/CLAIRE DENIS/JEAN=LUC GODARD
CAT STRRET STORY・原宿 キャット・ストリートを巡って ・建築家 北山恒インタビュー・CAT STRRET余話・北山恒の建築について
クレール・ドゥニ・クレール・ドゥニ インタビュー・新作『ガーゴイル』評・『ガーゴイル』を巡る対話(黒沢清×青山真治)・クレール・ドゥニ全作ショートレビュー
ジャン=リュック・ゴダール・青山真治による新作『愛の世紀』論・ゴダールとジャック・ランシエールによる対話・ゴダール作品の音についての考察・ノエル・アクショテ インタビュー

・nobody meets anybody(取材ページ)
横田創(小説家)/ジャンヌ・バリバール(女優)/エマニュエル・ビュルドー(映画批評家「カイエ・デュ・シネマ」編集者)/内田雅章(映画監督)

寄稿:青山真治/梅本洋一/齋藤海児/藤原徹平/山崎泰寛

2001年12月10日発行/ B5判 / 104p / ¥700
ISBN4-902794-00-4

Sold OUt

*特集:SPIRITUAL ADVENTURE
アルノー・デプレシャン/オリヴィエ・アサイヤス
アルノー・デプレシャン 来日記念インタビュー
オリヴィエ・アサイヤス 新作日本ロケ/撮影日誌
オリヴィエ・アサイヤス 新作出演 坂本安美インタビュー

山形ドキュメンタリー映画祭
インタビュー:ペドロ・コスタ/エリカ・クレイマー/ジョゼ・マニュエル・コスタ/ バール・フィリップス
追悼 相米慎二
私の選ぶ3本

寄稿:石橋今日美/梅本洋一/大里俊晴/荻野洋一/坂本安美/樋口泰人(50音順)

2001年8月23日発行/ B5判 / 82p / ¥600

Sold OUt

*特集:青山真治×大友良英
BRANDISH 佐藤公美インタビュー
大友良英によるレクチャ-
対談:青山真治×大友良英(DVD版『June 12 1998 at the edge of chaos』採録)
『月の砂漠』(青山真治)
『Flutter』(大友良英ニュージャズクインテッ ト)

・journal
ハムレットの悲劇』(ピーター・ブルック)
『降霊』(黒沢清)
「箱の家」(難波和彦)
『クレーヴの奥方』(マノエル・デ・オリヴェイラ)
その他コラムやショート・レヴュ-も数々あり。